メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本人の腎臓機能

ろ過組織少ない…弱く、疾病リスク高い

人の腎臓=ゲッティ

 腎臓の中にあって血液から毒素などを取り除く微細なろ過組織「ネフロン」の数について、日本人は欧米人より少ないことを初めて確認したと、東京慈恵会医大の神崎剛助教らの国際研究チームが米医学専門誌に発表した。数が少ないと腎機能が弱いとされ、慢性腎臓病や高血圧になりやすい。ネフロンは塩分の高い食事などで消失するため、研究チームは「日本人は生活習慣に気をつける必要がある」と指摘する。

     日本は世界的に見ても慢性腎臓病の患者が多い。悪化して腎不全になる人も多く、約33万人が透析を受け、その医療費は年間計1兆4000億円以上になる。ネフロンの数が少ないことがこの背景にある可能性もある。

     研究チームは、死亡した65歳前後の日本人男性27人を病理解剖してネフロンの数を調べた。欧米人は腎臓1個で平均約90万個あるのに対し、腎臓病も高血圧もない9人は平均約64万個だった。高血圧患者9人は同約39万2000個、中程度の慢性腎臓病患者9人は同約26万8000個とさらに少なかった。【渡辺諒】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大相撲 貴乃花親方が相撲協会に退職届を提出
    2. 大阪震度6弱 塀倒壊で女児死亡 高槻市が和解金支払いへ
    3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
    4. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
    5. 大相撲 貴乃花親方 心変わり「親心」ゆえ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです