メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外J1昇格は松本と大分
日本人の腎臓機能

ろ過組織少ない…弱く、疾病リスク高い

人の腎臓=ゲッティ

 腎臓の中にあって血液から毒素などを取り除く微細なろ過組織「ネフロン」の数について、日本人は欧米人より少ないことを初めて確認したと、東京慈恵会医大の神崎剛助教らの国際研究チームが米医学専門誌に発表した。数が少ないと腎機能が弱いとされ、慢性腎臓病や高血圧になりやすい。ネフロンは塩分の高い食事などで消失するため、研究チームは「日本人は生活習慣に気をつける必要がある」と指摘する。

     日本は世界的に見ても慢性腎臓病の患者が多い。悪化して腎不全になる人も多く、約33万人が透析を受け、その医療費は年間計1兆4000億円以上になる。ネフロンの数が少ないことがこの背景にある可能性もある。

     研究チームは、死亡した65歳前後の日本人男性27人を病理解剖してネフロンの数を調べた。欧米人は腎臓1個で平均約90万個あるのに対し、腎臓病も高血圧もない9人は平均約64万個だった。高血圧患者9人は同約39万2000個、中程度の慢性腎臓病患者9人は同約26万8000個とさらに少なかった。【渡辺諒】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
    2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
    3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
    4. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで
    5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです