メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェ・ゲバラ

あす没後50年 革命への共感、今も

追悼Tシャツを着て、ゲバラの写真や肖像画が展示されたギャラリーを訪れる女性=ボリビア東部バジェグランデで2017年10月6日、ロイター

 【サンタクルス(ボリビア東部)山本太一】キューバ革命の立役者の一人で、革命の夢を追い続けた生き方が今も世界中で人気があるチェ・ゲバラ(享年39)が死去して9日で50年となる。ゲバラが亡くなったボリビア山中では当日、元首クラスを含む中南米の左派政権の高官や学生など約1万人の「ゲバラ信奉者」らが集結し、盛大な追悼行事が行われる予定だ。

 親米軍事政権下のボリビアでゲリラ戦を展開したゲバラは1967年10月8日にボリビア軍に捕まり、翌日…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文485文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 静岡・沼津 「深海プリン」インスタ映えで話題
  3. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 大相撲 貴乃花親方「告発は真実」 信念貫き、角界去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです