メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

欧州臨床腫瘍学会

「免疫」治療、新薬に効果 肺がん増大を抑制

 がん治療に関わる医師や研究者が世界中から集まる欧州臨床腫瘍学会(ESMO2017)が9月中旬、マドリードで開かれた。同学会は米国臨床腫瘍学会(ASCO)と並ぶ世界的な研究成果の発表の場として知られる。また近年は患者団体の活動も重視している。今年の学会のトピックスを取材した。【高野聡】

 高い関心を集めたのが、外敵から体を守る免疫の仕組みを利用した肺がんの新薬の臨床試験の成績だった。臨床試験は薬の有効性、安全性を確認するため行われる。

 免疫の仕組みを利用したがん治療薬は2014年以降、オプジーボ(一般名ニボルマブ)やキイトルーダ(同…

この記事は有料記事です。

残り1787文字(全文2055文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです