メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操

世界選手権 村上、雪辱誓う 個人総合4位

 【モントリオール(カナダ)田原和宏】第5日の6日、女子個人総合決勝が行われ、予選を首位で通過した村上茉愛(まい)=日体大=は54・699点の4位に終わり、54・799点で3位のエレーナ・エレミナ(ロシア)に0・100点届かなかった。予選9位の18歳、杉原愛子(朝日生命)は53・965点で6位。2009年ロンドン大会銅メダルの鶴見虹子(こうこ)以来、6大会ぶりの日本女子のメダル獲得はならなかった。

 16歳のモーガン・ハード(米国)が55・232点で初優勝。米国は5大会連続の金メダルを手にした。

この記事は有料記事です。

残り1109文字(全文1358文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  2. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  3. 明石家さんま 又吉直樹脚本で結婚と離婚をドラマ化 大竹しのぶ役は剛力彩芽 さんま役は斎藤工
  4. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  5. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです