メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操

世界選手権 村上、雪辱誓う 個人総合4位

 【モントリオール(カナダ)田原和宏】第5日の6日、女子個人総合決勝が行われ、予選を首位で通過した村上茉愛(まい)=日体大=は54・699点の4位に終わり、54・799点で3位のエレーナ・エレミナ(ロシア)に0・100点届かなかった。予選9位の18歳、杉原愛子(朝日生命)は53・965点で6位。2009年ロンドン大会銅メダルの鶴見虹子(こうこ)以来、6大会ぶりの日本女子のメダル獲得はならなかった。

 16歳のモーガン・ハード(米国)が55・232点で初優勝。米国は5大会連続の金メダルを手にした。

この記事は有料記事です。

残り1109文字(全文1358文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 小池知事 鳥取知事の「母の慈愛」発言に「傷ついた」
  4. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  5. 露大統領 プーチン氏「領土、容易に妥協せず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです