メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いただきます

ジャムトースト×築地 河岸の風、感じていたい

イラスト・佐々木悟郎

 外はまだ暗い午前4時。東京・築地市場で喫茶店「岩田」が開店する。間もなくいつもの一番客が訪れる。

 近藤和夫さん(72)は15歳から築地で働く仲卸の社長だ。すでに魚の仕入れを終えた。30年も通っているから、カウンターに座れば黙っていてもアメリカンが出てくる。

 仕入れは真剣勝負だ。魚を見た瞬間に「頭の中のコンピューターをはじく」。長年の経験と知識で目利きをしても、魚をさばいてみるまで本当の良しあしは分からない。「まだ半人前だよ」。タブレットに届く銀座や赤坂のすし屋からの注文を確かめながら、朝のセットを頼んだ。

 トーストは、常連客の好みに合わせて出てくる。焼き加減は「良く焼き」「うす焼き」、切り方は「耳なし」…

この記事は有料記事です。

残り692文字(全文998文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ハロウィーン 飼育員食べられた?ピラニアの水槽に骸骨
  2. 漫画で解説 児童ポルノは日本の恥の巻
  3. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  4. 新潟県立高 女子の男子いじめ動画 ネット拡散 批判殺到
  5. 児童買春 LINEで裸の動画拡散 容疑の14人家裁送致

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです