メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いただきます

ジャムトースト×築地 河岸の風、感じていたい

イラスト・佐々木悟郎

 外はまだ暗い午前4時。東京・築地市場で喫茶店「岩田」が開店する。間もなくいつもの一番客が訪れる。

 近藤和夫さん(72)は15歳から築地で働く仲卸の社長だ。すでに魚の仕入れを終えた。30年も通っているから、カウンターに座れば黙っていてもアメリカンが出てくる。

 仕入れは真剣勝負だ。魚を見た瞬間に「頭の中のコンピューターをはじく」。長年の経験と知識で目利きをしても、魚をさばいてみるまで本当の良しあしは分からない。「まだ半人前だよ」。タブレットに届く銀座や赤坂のすし屋からの注文を確かめながら、朝のセットを頼んだ。

 トーストは、常連客の好みに合わせて出てくる。焼き加減は「良く焼き」「うす焼き」、切り方は「耳なし」…

この記事は有料記事です。

残り692文字(全文998文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 野党 セクハラ疑惑に抗議 黒い服で「#MeToo」
  2. 将来推計 埼玉の人口、2045年に74万人減 対策急ぐ
  3. AV問題 女優が語った本音 新ルールで変わる撮影現場
  4. 関越道 トレーラー横転、2台が追突 男性重傷 埼玉
  5. 和歌山殺人 妻に複数の生命保険 体内から大量の砂

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]