メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カネミ油症

子や孫も 被害半世紀、14日集会 「2世」救済拡大求め

 カネミ倉庫(北九州市)の米ぬか油が引き起こした国内最大の食品公害・カネミ油症の被害者らが14日、油に混入した原因物質PCB(ポリ塩化ビフェニール)を製造した鐘淵化学工業(現カネカ)の工業所がある兵庫県高砂市で集会を開く。被害発生が発覚して来年10月で50年。事件が風化する一方で被害者の母親から生まれた「2世」の救済拡大を求める声は今も強い。集会は社会の関心を改めて喚起するのが目的。【川上珠実】

 集会は支援者らでつくる実行委が主催し、被害が集中した福岡、長崎、広島などの被害者ら数十人が参加。工…

この記事は有料記事です。

残り759文字(全文1008文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  4. レゴランド 隣接の商業施設苦戦 開業1年余で12店撤退
  5. 豪雨 結婚指輪渡す約束、果たせず 広島・裏山崩れて

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]