メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボリビア

「ゲバラ信奉者」盛大な追悼行事へ 没後50年

追悼Tシャツを着て、ゲバラの写真や肖像画が展示されたギャラリーを訪れる女性=ボリビア東部バジェグランデで2017年10月6日、ロイター

 【サンタクルス(ボリビア東部)山本太一】キューバ革命の立役者の一人で、革命の夢を追い続けた生き方が今も世界中で人気があるチェ・ゲバラ(享年39)が死去して9日で50年となる。ゲバラが亡くなったボリビア山中では当日、元首クラスを含む中南米の左派政権の高官や学生など約1万人の「ゲバラ信奉者」らが集結し、盛大な追悼行事が行われる予定だ。

 親米軍事政権下のボリビアでゲリラ戦を展開したゲバラは1967年10月8日にボリビア軍に捕まり、翌日…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文601文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  3. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです