メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボリビア

「ゲバラ信奉者」盛大な追悼行事へ 没後50年

追悼Tシャツを着て、ゲバラの写真や肖像画が展示されたギャラリーを訪れる女性=ボリビア東部バジェグランデで2017年10月6日、ロイター

 【サンタクルス(ボリビア東部)山本太一】キューバ革命の立役者の一人で、革命の夢を追い続けた生き方が今も世界中で人気があるチェ・ゲバラ(享年39)が死去して9日で50年となる。ゲバラが亡くなったボリビア山中では当日、元首クラスを含む中南米の左派政権の高官や学生など約1万人の「ゲバラ信奉者」らが集結し、盛大な追悼行事が行われる予定だ。

 親米軍事政権下のボリビアでゲリラ戦を展開したゲバラは1967年10月8日にボリビア軍に捕まり、翌日…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文601文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 小池知事 鳥取知事の「母の慈愛」発言に「傷ついた」
  4. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  5. 露大統領 プーチン氏「領土、容易に妥協せず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです