メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

農研機構

ご飯の硬さ調整の育種技術開発

 ご飯の硬さや粘りを遺伝子の組み合わせで細かく調整できる米の育種技術を、農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)などのチームが開発した。一般的な米から非常に硬いタイ米に近いレベルまで調節でき、べたつきの少ないご飯が好まれるチャーハンや牛丼に活用できるほか、容器への付着を抑えて外食産業の作業効率の改善につなげられるという。

 農研機構中央農業研究センター北陸研究拠点(新潟県)の山川博幹(ひろもと)・上級研究員らは、デンプン…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大迫のツイッター批判受け、陸連が規定変更を検討 日本選手権後
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 現場から逃げた男、熊本県内で身柄確保 鹿児島の中学生襲った容疑者か
  4. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  5. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです