メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2049年の中国

第19回党大会の照準/上 最貧・貴州省に摩天楼 最先端IT、「大国」の成長エンジンに

人民監視システムにも活用

 中国内陸部の最貧困地域、貴州省。省都貴陽から幹線道路を車で1時間進むと、突然、高層ビル群の巨大都市が現れた。習近平総書記(国家主席)の肝煎りで建設された中国のビッグデータ産業の拠点「貴安新区」だ。

 「ここは荒れ地だった」。地元住民の李明琴さん(48)が証言する。習指導部が発足した2012年当時、貴州省の1人当たり域内総生産は全国最下位だった。習指導部は14年に新区開発を打ち出し、荒れ地に習氏のスローガン「中国の夢」のポスターがあふれた。

 大阪府とほぼ同じ約1795平方キロの広大な計画区域に、ビッグデータを利用した研究拠点や医療施設、金…

この記事は有料記事です。

残り1653文字(全文1936文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見
  2. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  3. ORICON NEWS 登山家・栗城史多さん死去 エベレスト下山途中、遺体で発見
  4. ネパール 登山家の栗城さん、エベレストで遭難か
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]