メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

刺繍に集中するお母さんたちの傍らで、小さな子どもたちの声が響く度、場の空気が少し和やかになる

 インド北部、デリー。高層ビルが林立するすぐ裏に、古びた褐色のアパートが所せましと並び、クモの巣のように電線が巡っている。曲がりくねった路地を進み、ひっそりとしたたたずまいの民家の門をくぐると、ベールをかぶった30人ほどの女性が、一心に手元を見つめながら作業に打ち込んでいた。ミャンマーを追われたロヒンギャの母親たちが刺繍(ししゅう)の職業訓練を受けに通ってくる場所だった。

 足元には、すやすやと眠ったり、よちよちと歩いたりする小さな子どもたちの姿があった。「子どもを連れて…

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文626文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  4. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  5. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです