メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界体操

白井が男子跳馬で初優勝 日本勢39年ぶり金

 【モントリオール(カナダ)田原和宏】体操の世界選手権は最終日の8日、種目別決勝が行われ、男子跳馬は2本の跳躍の平均点で争われ、リオデジャネイロ五輪銅メダルの白井健三(日体大)が14.900点で初優勝した。2位とは0.001点差だった。初出場の安里圭亮(相好ク)は14.349点で6位だった。日本が跳馬で金メダルを獲得するのは1978年ストラスブール(フランス)大会の清水順一以来、39年ぶり5人目。

     白井は個人総合の銅メダル、床運動の金メダルと合わせて今大会三つのメダル獲得。世界選手権のメダル獲得数を通算8個(金5、銀2、銅1)とした。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
    2. 富田林逃走 樋田容疑者、窃盗数十件を捜査へ 大阪府警
    3. 「10・19」30年 旧川崎球場にファンら200人
    4. 女の気持ち 命日のサンマ 札幌市中央区・堀川真弓(無職・68歳)
    5. 皇后さま84歳 陛下と静かに心豊かに 探偵小説楽しみに

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです