メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本版GPS衛星

みちびき4号機、打ち上げ成功

測位衛星「みちびき」4号機を載せて打ち上げられるH2Aロケット36号機=JAXAのライブ中継から

 三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は10日午前7時1分、政府の測位衛星「みちびき」4号機を載せたH2Aロケット36号機を種子島宇宙センター(鹿児島県)から打ち上げた。4号機は予定通り軌道に投入され、打ち上げは成功した。

 「みちびき」は日本独自の衛星測位システムを構築するための人工衛星で、米国の全地球測位システム(GPS)を補完して誤差を小さくする。4号機は日本のほぼ真上に長時間とどまる特殊な軌道を周回する「準天頂衛星」。日本上空を交代で24時間カバーできる4基態勢が整った。

 政府は、来年度初めにも測位サービス提供を始める予定。みちびきの高精度測位技術は、自動車の自動運転、小型無人機(ドローン)を使った物資輸送、災害時の安否確認システムなど、新しい産業への活用が期待される。政府は、今後成長を目指す宇宙産業の柱の一つと位置づけている。

 「みちびき」の1号機は2010年9月、2号機は今年6月、3号機は同8月に打ち上げられた。23年度をめどに計7基とし、米GPSに頼らないシステム構築を目指している。松山政司・宇宙政策担当相は「今年度に予定した3機すべての打ち上げが無事成功した。測位サービスを多くの方が円滑に利用できるよう、一層関係者と連携していく」との談話を発表した。【酒造唯】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  2. 高校野球 仙台育英・佐々木前監督が学法石川監督に
  3. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  4. 那須烏山 「那須ニコン」工場で爆発 3人負傷情報
  5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです