メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

(1)コンサート会場で50ドルの当日券を買おうとして…

 (1)コンサート会場で50ドルの当日券を買おうとして50ドル札1枚を無くしたのに気づいた。なおも当日券を買うか(2)50ドルで前売り券を買ってコンサートに行ったら券を無くしたのに気づいた。同額の当日券を買うか▲「はい」と心理学の調査に答えたのは(1)で88%、(2)で46%だった。同じ50ドル分の損失なのに、人の選択は異なる。50ドルを心の中で娯楽費にあてていたか否かが生んだ差で、この心の中の家計簿を「メンタルアカウンティング」という▲今年のノーベル経済学賞の行動経済学者、R・セイラー教授の言葉で、例は友野典男(ともの・のりお)さんの「行動経済学」(光文社新書)から引いた。経済学は人が最も合理的に行動するとの前提に立つが、実際の行動は心の働きに左右されるのだ▲現金を渡して高級ペンと交換するかどうかを選ぶ別の心理実験では交換派は4割弱だった。そこに安物のペンを選ぶ選択肢を加えると高級ペンへの交換を望む人が10ポイント増えた。選択肢が二つから三つに増えただけで選択内容が変わる▲さてこちらは政治学。首相が突然の解散によって突きつけた政権継続の是非という二者択一が、「3極対決」の構図で争われることになった衆院選である。ならば増えた選択肢は有権者の心にどう作用してこの国の行方を変えるのか▲消費増税や憲法といった政策的争点は入り組み、なかなか分かりやすい像を結ばない三者択一である。ここは有権者のメンタルアカウンティング、心の内なる政治の決算簿がものをいう選挙になりそうだ。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
    2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
    3. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
    4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
    5. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです