メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェ・ゲバラ

没後50年、なお慕われ 旅の見聞が英雄生んだ 人間ゲバラ、幼なじみら語る

ゲバラと行った南米旅行を振り返る幼なじみのカルロス・フェレールさん=ボリビア中部バジェグランデで2017年10月9日、山本太一撮影

 【バジェグランデ(ボリビア中部)山本太一】キューバ革命の指導者、チェ・ゲバラ(享年39)が革命を志すきっかけになった南米旅行に同行した幼なじみのカルロス・フェレールさん(88)=通称カリカ、ブエノスアイレス在住=が9日、毎日新聞のインタビューに応じた。今でも親しみを込めて本名の「エルネスト」と呼ぶゲバラについて、「見聞きしたことをいつも振り返り、思考していた。旅が政治的姿勢に与えた影響は大きい」と振り返った。

 カリカさんにとってゲバラは「革命の英雄というより、4歳の時からの友人。どこにでもいる普通の子どもだ…

この記事は有料記事です。

残り589文字(全文846文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  3. クレヨンしんちゃん 声優交代が“炎上”しなかった理由
  4. 下村・自民改憲本部長 謝罪 反発やまず 衆院憲法審の開催不透明 首相の側近起用が裏目に
  5. 小池知事 鳥取知事の「母の慈愛」発言に「傷ついた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです