メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生きる

小児がん征圧キャンペーン バッハの協奏曲で師弟協演 来年1月14日・横浜みなとみらいホール

徳永二男さん(右)と三浦文彰さん

「生きる~2018 New Year 若い命を支えるコンサート」

 「病と闘う子どもと親御さんたちに、音楽の力をお届けできたら……」。そう語るのは、バイオリン界の重鎮、徳永二男さんと俊英の三浦文彰さん師弟。来年1月14日、横浜みなとみらいホール(横浜市西区)での「生きる~2018NewYear 若い命を支えるコンサート」に、そろって出演する。小児がん征圧キャンペーンの一環として、横浜の地で11回目を迎えるコンサートだ。「若い命を支える」という副題にふさわしく、第71回全日本学生音楽コンクールの1位受賞者ら、同世代の演奏家も参加し患者を元気づける。協演は、指揮者の下野竜也さんと神奈川フィルハーモニー管弦楽団。音楽の喜びを分かち合い、「共に生きる」決意を新たにする年明けとなりそうだ。【斉藤希史子、師弟の写真は根岸基弘撮影】

この記事は有料記事です。

残り2886文字(全文3249文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
  2. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  3. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  4. 質問なるほドリ 「高プロ」って何?=回答・早川健人
  5. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]