メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野鳥とともに

/7 出水・高尾野(鹿児島県) ツル越冬地、分散の試み

出水平野の上空を舞うマナヅル=鹿児島県出水市で、フリーカメラマンの尾上和久さん撮影

 出水(いずみ)・高尾野は、鹿児島県北西部の出水平野を流れる三つの河川の河口域にある干拓地です。毎年秋になると、ロシア東部や中国東北部の湿地で繁殖するナベヅルやマナヅルがこの地を訪れ、翌年の春まで過ごします。その数は、ナベヅルが世界中の生息数の約9割にあたる1万3000羽、マナヅルはおよそ半分の3000羽にもなります。また、日本ではあまり見られないカナダヅルやクロヅルも飛来することから、毎年約15万人もの愛好家が訪れています。

 この地域のツルの保護には、長い歴史があります。江戸時代には幕府の権威の象徴として禁猟とされていまし…

この記事は有料記事です。

残り629文字(全文894文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車田 丸い田んぼで輪を画くように田植え
  2. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  3. 長野・城山動物園 「キモ可愛い」サルのキーホルダー
  4. 加計学園 謝罪、説明なし「あり得ぬ」 愛媛知事が批判
  5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]