メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

国技館「潜在力」生かせ バリアフリーへ増席期待

土俵脇に初めて設置された車いす席で観戦する障害者ら(前列)=丸山博撮影

 2020年東京五輪・パラリンピックへの機運を高めるイベント「大相撲beyond(ビヨンド)2020場所」が今月、東京・両国国技館で開かれた。昨年に続く2回目の開催で、「共生社会の実現」を目標の一つに掲げる20年大会に向け、外国人や障害者の観戦機会を増やす狙いがある。今年は車いす利用者の土俵脇での観戦が初めて実現する一方、20年五輪のボクシング会場になる国技館のバリアフリー化に向けた課題も浮かんだ。【飯山太郎】

この記事は有料記事です。

残り1333文字(全文1540文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 児童買春容疑 元中学講師を逮捕 愛知県警
  4. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  5. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]