メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

角界随想 玉鷲、鉄人の心意気

 3横綱2大関をはじめ休場者が相次いだ秋場所で、小結・玉鷲がけがの痛みに耐えて土俵を務め上げた。「土俵は命がけ。上がる以上、痛さは見せない」。力の武士(もののふ)らしい、すがすがしさを感じた。

 2日目の高安戦で押し込んだ時に右足首をひねった。高安が花道から車いすに乗せられたのに対し、玉鷲は足を引きずりながらも表情を変えなかった。

 感心したのは、支度部屋での対応だった。負傷箇所を聞くと、口に人さし指を当て「勝負が終わっていないか…

この記事は有料記事です。

残り608文字(全文823文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  2. 森友学園 財務省が国会に提出した交渉記録のPDF
  3. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  4. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  5. アメフット 内田前監督、常務理事の職務一時停止し謹慎に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]