メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

角界随想 玉鷲、鉄人の心意気

 3横綱2大関をはじめ休場者が相次いだ秋場所で、小結・玉鷲がけがの痛みに耐えて土俵を務め上げた。「土俵は命がけ。上がる以上、痛さは見せない」。力の武士(もののふ)らしい、すがすがしさを感じた。

 2日目の高安戦で押し込んだ時に右足首をひねった。高安が花道から車いすに乗せられたのに対し、玉鷲は足を引きずりながらも表情を変えなかった。

 感心したのは、支度部屋での対応だった。負傷箇所を聞くと、口に人さし指を当て「勝負が終わっていないか…

この記事は有料記事です。

残り608文字(全文823文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  2. ORICON NEWS 『銀魂』9月15日発売の『週刊少年ジャンプ』で完結 作者の初連載作品15年の歴史に幕
  3. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪
  4. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
  5. 夏の高校野球 大阪桐蔭、済美降し4年ぶり決勝進出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです