メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宝くじ

ハロウィンジャンボ「5億円当たれば会社辞める」

「ハロウィンジャンボ宝くじ」を買い求める人たち=大阪市北区で2017年10月11日午前8時、三村政司撮影

 1等と前後賞を合わせ5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」の販売が11日、全国で始まった。販売は31日までで、11月9日に抽選がある。従来のオータムジャンボの名称を変更した。当選本数は1等3億円10本▽前後賞1億円20本▽1万円の特別賞「ハロウィン賞」30万本など。1等が3000万円の「ハロウィンジャンボミニ」も販売される。

 昨年より100万円以上の当選本数が増える。大阪市北区の大阪駅前第4ビル特設売り場では早朝から行列ができた。大阪府貝塚市の男性(57)は「ジャンボは大安の日に毎回購入している。5億円が当たったら会社を辞めて遊ぼうかな」と笑った。【山本夏美代】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジェンダー差別発言 ワースト「子供4人以上産んだら…」
  2. 大リーグ イチロー、日本球界に復帰も 公式サイト伝える
  3. ORICON NEWS 米国移住のピース・綾部に仕事続々 今度はハワイでサッカー大会アンバサダー就任
  4. 阪神大震災23年 離れた手「今も昨日のことのよう」
  5. ORICON NEWS 川栄李奈、女優躍進を支えるのは危機感「私なんてすぐに消える」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]