メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハロウィンジャンボ「5億円当たれば会社辞める」

「ハロウィンジャンボ宝くじ」を買い求める人たち=大阪市北区で2017年10月11日午前8時、三村政司撮影

 1等と前後賞を合わせ5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」の販売が11日、全国で始まった。販売は31日までで、11月9日に抽選がある。従来のオータムジャンボの名称を変更した。当選本数は1等3億円10本▽前後賞1億円20本▽1万円の特別賞「ハロウィン賞」30万本など。1等が3000万円の「ハロウィンジャンボミニ」も販売される。

 昨年より100万円以上の当選本数が増える。大阪市北区の大阪駅前第4ビル特設売り場では早朝から行列ができた。大阪府貝塚市の男性(57)は「ジャンボは大安の日に毎回購入している。5億円が当たったら会社を辞めて遊ぼうかな」と笑った。【山本夏美代】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風21号 6人死亡、衆院選アルバイト男性も
  2. 立憲民主 「無所属と連携」議論へ 希望に小池氏排除の声
  3. 神戸地下鉄 阪急線との乗り入れ、本格検討
  4. 大阪・摂津職員 カラ残業、焼却施設8人3年間 市が調査
  5. 衆院選 「鉄の天井、改めて知った」希望の小池氏

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]