メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゲバラ没後50年

旅の見聞が英雄生んだ 幼なじみら語る

ゲバラと行った南米旅行を振り返る幼なじみのカルロス・フェレールさん=ボリビア中部バジェグランデで2017年10月9日、山本太一撮影

 アルゼンチン生まれのチェ・ゲバラが革命を志すきっかけになった南米旅行に同行した幼なじみのカルロス・フェレールさん(88)=通称カリカ、ブエノスアイレス在住=が9日、毎日新聞のインタビューに応じた。今でも親しみを込めて本名の「エルネスト」と呼ぶゲバラについて、「見聞きしたことをいつも振り返り、思考していた。旅が政治的姿勢に与えた影響は大きい」と振り返った。

 カリカさんにとってゲバラは「革命の英雄というより、4歳の時からの友人。どこにでもいる普通の子どもだ…

この記事は有料記事です。

残り666文字(全文895文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 女優・矢作穂香、夜の新宿で魅せた美しさ 体全体で思いを表現
  2. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  3. トランプ氏 私室に招き夕食 安倍首相、親密ぶり強調
  4. ドイツ 首相、長官人事を再協議 支持率急落受け
  5. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです