メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゲバラ没後50年

旅の見聞が英雄生んだ 幼なじみら語る

ゲバラと行った南米旅行を振り返る幼なじみのカルロス・フェレールさん=ボリビア中部バジェグランデで2017年10月9日、山本太一撮影

 アルゼンチン生まれのチェ・ゲバラが革命を志すきっかけになった南米旅行に同行した幼なじみのカルロス・フェレールさん(88)=通称カリカ、ブエノスアイレス在住=が9日、毎日新聞のインタビューに応じた。今でも親しみを込めて本名の「エルネスト」と呼ぶゲバラについて、「見聞きしたことをいつも振り返り、思考していた。旅が政治的姿勢に与えた影響は大きい」と振り返った。

 カリカさんにとってゲバラは「革命の英雄というより、4歳の時からの友人。どこにでもいる普通の子どもだ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  4. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に
  5. 秋田犬 勝大デビュー ザギトワの「マサル」ときょうだい

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです