メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とっとりの美

県立博物館から 鳥取藩と絵師たち展 流行の画風に敏感 /鳥取

 このコーナーでは、鳥取にゆかりのある作家や作品を紹介したり、現在鳥取で見ることのできる作品をお知らせしたりしています。しかし、そもそも「鳥取の美」とは何なのでしょうか。

 自然・人文・美術の3分野がある県立博物館には多くのコレクションがありますが、美術分野では「鳥取」という場所を主軸に、地域に関係のある作家や作品、自然や風物を主題にした作品、そして郷土作家とつながりを持つ国内外の優れた作品を収集方針として掲げています。展覧会や常設展で鳥取の美術を発信すると同時に、鳥取の美術を体系的に蓄積し、その層を厚くすることを使命としているのです。この作業は、鳥取の美術の流れ、すなわち鳥取の美術史を編むことにもつながるといえるでしょう。

 現在当館で開催中のテーマ展示「鳥取藩と絵師たち」は、江戸時代の鳥取藩で活躍した画家たちを紹介するも…

この記事は有料記事です。

残り508文字(全文873文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三越伊勢丹 3店閉鎖へ 新潟、相模原と府中
  2. 県教委 バイク免許に新要項 高校生「3ない運動」廃止 /埼玉
  3. 台風24号 沖縄は大しけ 30日ごろ西日本直撃恐れ 
  4. 安室さんコンサート 療育手帳で入場断られ…「取り返しがつかない」憤りの声
  5. 鉄道 台風予測 広がる「計画運休」 リスクを回避

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです