メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2049年の中国

第19回党大会の照準/下 海南島にロケット打ち上げ基地 宇宙強国へ米欧猛追

打ち上げたロケットの模型が並ぶ宇宙広報館=海南省文昌市で2017年10月4日、林哲平撮影

 中国有数のビーチリゾートとして知られる南部・海南島。国慶節の連休中の5日には島の東部・海南省文昌市にある文昌衛星発射センターに全国各地からの観光客が押し寄せた。2014年に中国4番目のロケット打ち上げ基地として完成した同センターは今後、中国の宇宙活動の主要拠点となる見込みだ。

 見学した浙江省寧波市の劉文道さん(46)は「祖国の力強さを感じる。ここまでの国になったのは誇りだ」とまくし立てた。

 市内にある宇宙広報館の展示には「宇宙強国の建設は、我々が追求する宇宙の夢だ」との習近平国家主席の訓…

この記事は有料記事です。

残り1073文字(全文1321文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  2. 森友学園 財務省が国会に提出した交渉記録のPDF
  3. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  4. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  5. アメフット 内田前監督、常務理事の職務一時停止し謹慎に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]