メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長官鳥瞰

「スポーツ」もっと身近に=鈴木大地

 3連休の最終日となった9日は「体育の日」だった。皆さんもスポーツを楽しまれただろうか。かつては1964年東京五輪開幕日の10月10日だったが、2000年からは「ハッピーマンデー制度」で10月第2月曜日に変更された。祝日法では「スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう」とうたう。

 最近、「体育」という言葉を「スポーツ」に言い換える動きが進んでいる。体育の日も、超党派のスポーツ議員連盟の方々を中心として「スポーツの日」に改称する議論がされている。日本のスポーツ振興をけん引してきた「日本体育協会」も来年4月から「日本スポーツ協会」に変わり、今年は愛媛県で開催された「国民体育大会」も「国民スポーツ大会」への変更が検討されている。

 なぜ今「スポーツ」なのか。私はスポーツという言葉の幅広さを皆さんにも感じ取ってもらいたいと思う。「…

この記事は有料記事です。

残り625文字(全文990文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大前監督の内田氏、心労で入院へ
  2. 森友交渉記録 「安倍晋三小」14年認識 近畿財務局
  3. 講演会 元海軍兵 「国は若者を守らない」 反戦訴える
  4. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  5. 森友交渉記録 理財局が廃棄指示 佐川氏ら処分へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]