メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デジタル

人気PC「VAIO S」の新作3モデルはどれを選ぶべき? Wi-Fi不要の「LTEモデル」が超絶便利!(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

国内パソコンメーカーのVAIOは、人気シリーズ「VAIO S」の新型3機種を発売しました。今回発表されたのは、同社ラインナップのミドルハイに位置する「S Line」というシリーズで、画面が11.6インチの「S11」、13.3インチの「S13」、15.5インチの「S15」です。

20171012_y-koba2 (1)↑左から「S11」「S13」「S15」

 

画面解像度は全モデルでフルHDを採用しており、同社製品として初めてインテル第7世代のプロセッサーを搭載しています。また、指紋認証機能やデュアルマイク、アルミ製パームレストなど、前モデルにはなかった機能が搭載されるほか、S11の前モデルで好評だったLTEモデルがS13にも追加されました。

 

ここからは、それぞれのモデルの特徴と、どういう人におすすめなのかを詳しく見ていきましょう。

 

900gを切った「VAIO S11」はモバイルシーンで大活躍!

20171012_y-koba2 (2)↑VAIO S11

 

VAIO S11は11.6インチのフルHD液晶を搭載した軽量モデル。最軽量モデルは約840gで、モバイルPCとして高機動力を誇ります。前モデルで評判の良かったLTEモデルは本モデルでも選択可能で、モバイルルーター不要でどこでもネットにアクセスできる「ロケーションフリー」を実現しています。

20171012_y-koba2 (3)↑パソコン本体にSIMスロットを搭載

 

20171012_y-koba2 (4)↑指紋センサーは本モデルから搭載

 

20171012_y-koba2 (5)↑カラーバリエーションはブラック、シルバー、ブラウンに直販サイト限定カラーであるホワイトを加えた4色展開

 

VAIO S11は、軽量コンパクトなので、常にパソコンを持ち歩いて外出先で作業するような人に向いているモデルと言えます。ただし、タッチパネルは非搭載なので、ポインティングはタッチパッドか外付けマウスで行うことになります。

 

【SPEC】
VAIO S11
●直販価格:10万4800円(税抜)~ ●OS:Windows 10 64ビット ●ディスプレイ:11.6型ワイド 1920×1080 ●サイズ:W283.4×H15.0~17.9×D195.5mm ●本体質量:約840g

 

ついにLTEに対応した13インチモデル「VAIO S13」

20171012_y-koba2 (6)↑VAIO S13

 

VAIO S13は13.3インチ液晶とフルピッチキーボードを搭載したモデル。前モデルでは用意されていなかったLTEモデルが選択可能になりました。

20171012_y-koba2 (7)↑カラーバリエーションはブラックとシルバーの2色展開

 

VAIO S13は、キーとキーの間隔が19mmのフルピッチを採用。デスクトップパソコンのキーボードと同等なので、ハードな入力作業も快適です。LTEモデルも選択できるので、オフィスや自宅はもちろんのこと、出先でもネットに接続しながら本格的な作業をしたい人に向いています。

 

【SPEC】

VAIO S13
●直販価格:10万4800円(税抜)~ ●OS:Windows 10 64ビット ●ディスプレイ:13.3型ワイド 1920×1080 ●サイズ:W320.4×H15.0~17.9×D216.6mm ●本体質量:約1.06g

 

ハイスペックな処理性能と豊富な拡張性をもつ「VAIO S15」

20171012_y-koba2 (8)↑VAIO S15

 

VAIO S15は15.5インチ液晶を搭載し、Core i7-7700HQなどの高性能CPUを選択できるハイスペックモデル。10キー付きキーボードやDVD/ブルーレイの光学ドライブを搭載したオールインワンPCです。

20171012_y-koba2 (9)↑カラーバリエーションはブラック、シルバー、ホワイトに直販限定カラーであるピンクを加えた4色展開

 

S15はLTEモデルの設定がないことと、サイズ・重量を考慮すると、主にオフィスや自宅に据え置いて使用するデスク作業PCといった位置づけ。広い画面と10キー搭載でExcel作業にピッタリです。

 

【SPEC】
VAIO S15
●直販価格:10万4800円(税抜)~ ●OS:Windows 10 64ビット ●ディスプレイ:15.5型ワイド 1920×1080 ●サイズ:W380.3×H25.1×D260.8mm ●本体質量:約2.5kg

 

Windows 10 データプランに対応したSIM「Cellular Data for VAIO」

20171012_y-koba2 (10)↑Cellular Data for VAIO

 

VAIO S11とS13のLTEモデルには、「Windows 10 データプラン」に対応した「Cellular Data for VAIO」が同梱されています(非同梱モデルの設定もあり)。

 

Windows 10 データプランとは、LTE通信が必要なときに通信プランを購入できる、Windows 10に搭載された機能。VAIOに同梱されるSIMはこれに対応しており、最小プランは700円で1日の有効期限の間に500MBまでLTE通信可能となっています。

 

【料金プラン】
500MB 有効期限1日:700円
1GB 有効期限7日:1200円
3GB 有効期限1ヶ月:3000円
10GB 有効期限6ヶ月:8400円

 

普段はWi-Fiの圏内でしか使用しない人でも、急遽出張でモバイル通信が必要になった際には、必要な通信量や日数で購入できる点がこのSIMの便利なところ。購入はWindows 10の操作で可能です。また、VAIO購入時は1か月間で1GBを無料で使えるトライアルプランが用意されています。

 

S11/13を購入するなら間違いなくLTEモデル

一部のモデルでLTEモデルとWi-Fi専用モデルが選択可能ですが、もしWi-Fiの圏外に持ち出して使用することが想定されるのであれば、間違いなくLTEモデルをオススメします。

 

なぜならば、スマホやモバイルルーターに接続して通信しようとすると、スリープから復帰して実際に通信が可能になるまでに1分前後かかる場合があり、メール1本送るにも待たされます。その点、LTEモデルであれば数秒でサクっと接続。こんな手軽な使い勝手はありません。

 

仮に、しばらく外出先での通信をしない場合は、SIMを使わなければランニングコストもかかりません。一方、Wi-Fi専用モデルだと、SIMが刺さらないため、スマホかモバイルルーターが必須となります。その面倒さを考えると、少し価格が高くなってもLTEモデルを購入すべきです。S11やS13の機動力は、LTEモデルで真価を発揮すると言っても過言ではありません。

【関連記事】
ついに買えるぞー! Sペンが進化しすぎの「Galaxy Note8」au版が10月26日発売
【まとめ】話題のスマートスピーカー「Google Home」は何ができる? 「Mini」との違いは?
【パワポ】今日から実践可! 「グラフ」を効果的に見せるちょっとしたコツ
みんなに自慢したい美ボディ&美カメラ! 感度高いを自称するならSIMフリースマホ「honor 9」の一択
新型iPhoneのカメラ機能を詳細チェック! iPhone8/8 Plusで試したい「印象的な写真の撮り方」

情報提供:GetNavi web


毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィギュア 羽生結弦が全日本選手権を欠場 連盟が発表
  2. 福井・あわら市長 「キス相手」を告訴へ 恐喝未遂容疑で
  3. 児童手当 所得制限、世帯合算へ変更検討へ
  4. ホーム転落死 緑内障、視野限られ 薬剤師、出勤途中
  5. 関西50年前 【昭和42年8月23日】阪急梅田駅の新ホーム

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]