メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プーチン大統領

プレゼントの子犬にキス 65歳誕生日

 【モスクワ杉尾直哉】ロシアのプーチン大統領は11日、南部ソチで会談した中央アジア・トルクメニスタンのベルディムハメドフ大統領から、7日の65歳の誕生日を祝って自国産のアラバイ犬の子犬をプレゼントされた。犬好きで知られるプーチン氏は、小熊のようにプクプクした子犬を抱き上げ、おでこにキスした。

 アラバイ犬は中央アジア・シェパードの一種で、カーペットや馬(アハルテケ種)と共にトルクメニスタンのシンボルとなっている。ベルディムハメドフ氏は会談冒頭、子犬の首を片手でつかんで持ち上げて披露した。「ベルヌイ」(ロシア語で「忠実な」の意味)と命名されたという。

 プーチン氏は2012年に秋田県から秋田犬「ゆめ」を贈られた。露国営テレビによるとその2年前にはブルガリアから「バッフィ」という名の犬をプレゼントされている。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 漆黒を照らす /52 北朝鮮の人々に冷たい日本 独裁政権と民衆は別 /大阪
  2. サッカー ロナウジーニョが引退 元ブラジル代表
  3. 喫茶店 「トップ」生まれ変わり開店 ナポリタンの味継承
  4. 座間事件 当初、集団自殺疑う声 女子高生2人不明
  5. 統一会派 民進と希望、分裂は必至 衆院・岡田氏ら反対

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]