メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京大木曽観測所

地球に近づく小惑星、動画撮影に成功

 直径10~30メートルの小惑星が12日午後2時42分(日本時間)、地球の約5万キロ上空まで近づく。この小惑星の姿を東京大木曽観測所(長野県木曽町)が10日夜、撮影することに成功した。小惑星の動きを監視している米航空宇宙局(NASA)によると地球に衝突する心配はないという。

 地球に近づく小さな天体は「地球接近天体」と呼ばれ、これまでに約1万7000個見つかっている。約6550万年前の恐竜絶滅につながった直径約10キロの小惑星や、1908年にシベリアに落ちて「ツングースカの大爆発」と記録されている約60メートルの小天体のように地球へ衝突し、大きな被害をもた…

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文700文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国会前 「安倍政権退陣」デモ集会に8500人
  2. フィギュア P・チャンさんら哀悼 デニス・テンさん死亡
  3. フィギュア デニス・テンさん殺害される ソチ五輪銅
  4. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  5. 名古屋・旧稲本楼 取り壊し 中村遊郭の面影、また姿消す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]