メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MAINICHI芸術食堂

映画「あゝ、荒野」 孤独な魂の闘い描く /愛知

 「言葉の錬金術師」「アングラ演劇四天王」などの異名をとって昭和40年代に大活躍し、今も影響を与え続ける故・寺山修司さん。巨人が遺(のこ)した唯一の長編小説を、半世紀以上を経て大胆に再構築した映画「あゝ、荒野」の前編が公開されている。舞台を東京五輪後の2021年に据え、往時と変わらぬ、いや、さらにすさんだ人々の“心の荒野”を見つめた意欲作だ。

 少年院から出たばかりで家も職もない新次は、慕っていた兄貴分を半身不随にしたかつての仲間・裕二への憎…

この記事は有料記事です。

残り755文字(全文977文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 野党 セクハラ疑惑に抗議 黒い服で「#MeToo」
  2. 将来推計 埼玉の人口、2045年に74万人減 対策急ぐ
  3. AV問題 女優が語った本音 新ルールで変わる撮影現場
  4. 関越道 トレーラー横転、2台が追突 男性重傷 埼玉
  5. 和歌山殺人 妻に複数の生命保険 体内から大量の砂

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]