メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MAINICHI芸術食堂

映画「あゝ、荒野」 孤独な魂の闘い描く /愛知

 「言葉の錬金術師」「アングラ演劇四天王」などの異名をとって昭和40年代に大活躍し、今も影響を与え続ける故・寺山修司さん。巨人が遺(のこ)した唯一の長編小説を、半世紀以上を経て大胆に再構築した映画「あゝ、荒野」の前編が公開されている。舞台を東京五輪後の2021年に据え、往時と変わらぬ、いや、さらにすさんだ人々の“心の荒野”を見つめた意欲作だ。

 少年院から出たばかりで家も職もない新次は、慕っていた兄貴分を半身不随にしたかつての仲間・裕二への憎…

この記事は有料記事です。

残り755文字(全文977文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ハロウィーン 飼育員食べられた?ピラニアの水槽に骸骨
  2. 映画 「愛と法」 日本社会の見えにくい問題を可視化したかった
  3. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  4. 全国障害者スポーツ大会 「仮面女子」猪狩ともかさん応援
  5. 検証 拷問「外でやれ」「静かにしろ」 皇太子批判の末 サウジ記者、総領事館で何が

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです