メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

AV

シリーズ史上最大! アウトドアでも大音量サウンドが楽しめる「JBL BOOMBOX」(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

ハーマンインターナショナルは、JBLブランドからシリーズ史上最大となる大型Bluetoothスピーカー「JBL BOOMBOX(ブームボックス)」を10月27日に発売します。カラーはブラックのみで、直販価格3万9880円(税別)。

20171013-i01 (1)

「JBL BOOMBOX(ブームボックス)」は、JBLが展開するポータブルBluetoothスピーカーシリーズで最も大きいサイズのBluetoothスピーカーです。20mmツイーター×2基、100mmウーファー×2基による2ウェイスピーカー構成と、低音を増強するパッシブラジエーターの搭載により、JBLの持ち味であるクリアな中高域と豊かな低音域再生を実現。「インドア」・「アウトドア」の2つの音質モードを採用しており、場所に応じたパワフルサウンドを楽しめます。

 

本製品は持ち手付きのBluetoothスピーカーのため、屋外への持ち運びにも適したスタイリッシュなデザインです。また、水周りでも安心して使えるウォータープルーフ(IPX7)に対応し、万が一の水没にも対応します。キャンプやグランピング・パーティーなど、屋外でのレジャーを盛り上げるアイテムとしても最適。

20171013-i01 (4)

 

さらに、大容量20000mAhのバッテリーを内蔵しており、約6.5時間の充電で最大24時間のワイヤレス再生が可能です。また、電力供給専用のUSBポートを2か所に装備し、モバイルバッテリーとしてスマホやタブレットなどのデバイスを2台同時に充電することができ、アウトドア中のバッテリー消耗時にも活躍します。

20171013-i01 (2)

 

加えて、「JBL コネクトプラス」機能を搭載しているため、同機能を搭載した他のスピーカー100台以上と同時にワイヤレス接続ができ、大音量かつパワフルなサウンドを楽しめます。スマホ・タブレット用アプリ「JBL Connect」(無料)を使えば、同時に接続した2台のJBL BOOMBOXを左チャンネル用・右チャンネル用に設定しステレオ再生をすることができ、大型スピーカーに匹敵する、よりライブ感のある本格的なサウンドを楽しめます。

 

また、スマホやタブレットなどの音楽再生デバイスを2台同時にJBL BOOMBOXとBluetooth接続できるソーシャルモードにも対応しているので、交互に音楽再生することも可能。接続した2台のデバイスのうち、最後に再生ボタンを押したデバイスの音楽が再生され切り替えも簡単にできます。

 

そのほか、スマホをBluetooth接続することでハンズフリー通話が可能となり、音楽再生中の着信応答は通話ボタンひとつで簡単にハンズフリー通話に切り替えることができます。

20171013-i01 (3)

JBLのBOOMシリーズ史上最大サイズの「JBL BOOMBOX」。ポータブルスピーカーでありながら、高音質かつ大迫力のサウンドを広い範囲で楽しめるモデルです。ぜひJBLの高音質サウンドを体感してみてください。

 

【SPEC】
サイズ/質量:W460×H254.5×D195.5mm/約5.25kg
Bluetooth:バージョン4.2
オーディオ入力:Bluetooth、外部音声入力
最大出力:ACモード30W×2 バッテリーモード20W×2
ユニット:ウーファー 100mm×2、ツイーター 20mm×2
周波数特性:50Hz~20kHz
電池:リチウムイオン充電池 (20000mAh)
付属品:電源アダプタ、電源ケーブル

【関連記事】
録画しても見る時間がない? それなら業界初の「可変速早見」機能を備えた新「AQUOSブルーレイ」がオススメ
女子にもオススメ! ポップなカラーと絡みにくいフラットケーブル採用のイヤホン「LiMU(リミュー)」
初回予約分はすでに完売! 日本製エンジン搭載の格安4Kテレビをノジマが発売
自宅にCD再生機器がない!? そんな人にはポータブルCDプレーヤーがおすすめ!
クルマの超ハイテク化は「音」でも始まっている! 世界的オーディオ企業が仕掛ける「車載関連事業」

情報提供:GetNavi web


毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジノ法成立 それどころでは…被災地では嘆きの声
  2. フィギュア テン選手刺殺で男2人拘束 容疑認める
  3. 懲戒処分 職員セクハラ、停職 生活保護受給女性6人に 江戸川区 /東京
  4. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
  5. 日本を立て直す!-イシバの底力- 国民と語り合いたい「アジア版NATO」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]