メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

W杯逃したスコットランド代表、俊輔の恩師ストラカン監督が退任

情報提供:サッカーキング

2013年からスコットランド代表を率いていたストラカン監督 [写真]=Getty Images
 スコットランドサッカー協会(SFA)は12日、スコットランド代表を率いていたゴードン・ストラカン監督の退任を発表した。

 現在60歳のストラカン氏は2013年1月に、ユーロ2016予選終了までの契約で同代表の指揮官に就任。予選敗退で5大会ぶりの本戦出場に導けなかったものの、2015年10月にロシア・ワールドカップ欧州予選終了まで続投となっていた。

 イングランド代表やスロヴァキア代表らと同じグループFに入ったW杯予選では、最終節でスロヴェニア代表と引き分けたことで3位に転落。プレーオフ進出を逃し、20年ぶりのW杯出場は叶わなかった。

 同氏は協会公式サイトを通じ、「スコットランド代表指揮官としての初日に、私のキャリアでもっとも誇らしい瞬間であり、国民の笑顔を取り戻したいと話した。大会出場に向けてハードワークをしたが、(W杯予選の)プレーオフを逃し、深い失望を与えてしまった」とコメント。

「私たちは一緒に素晴らしい瞬間を共有できた。私はそれらの思い出を決して忘れない。もちろん、ファンによる揺るぎないサポートが特別なものにしてくれたんだ。どんなときもチームを後押ししてくれた。私の最大の後悔はファンのために大会出場に導けなかったことだ。サポートしてくれた協会幹部、スタッフ、全てのSFA関係者に感謝したい。大変、光栄なことだった」と語った。

 ストラカン氏は、これまでにコヴェントリーやサウサンプトン、セルティックの指揮官を歴任。セルティックでは元日本代表MF中村俊輔を指導していた。

【関連記事】
中村俊輔、現在でもスコットランドの“伝説”としてリスペクトされる
中村俊輔が古巣セルティック訪問「この雰囲気でプレーしたことが幸運」
「CL優勝したことがない」ベスト11が豪華すぎると話題に
実はバロンドールを受賞したことがない10人の偉大な選手たち
バロンドール候補30名発表…ベイルやイニエスタら落選、昨年から17名入れ替え

情報提供:サッカーキング

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院選 午前11時現在の投票率12.24% 前回上回る
  2. 母娘死亡 予備タイヤ落下か 広島の会社、現場にチェーン
  3. 実業団対抗女子駅伝 予選会、きょう号砲 「神宿る島」で新たな歴史を
  4. 特集ワイド 衆院選 投票すべきか迷うあなたに 棄権は危険 「抗議の白票」は逆効果
  5. 衆院選2017 各党 選挙公約(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]