メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未来を奏でる教室

作曲家・三枝成彰さん、クラシック音楽語る 函館・赤川中生徒が魅力学ぶ /北海道

クラシック音楽における和音の重要性について語る三枝さん=函館市立赤川中で

 NHK大河ドラマ「太平記」の楽曲などで知られる作曲家の三枝成彰さんが、函館市の市立赤川中学校を訪れ、クラシック音楽の魅力を学ぶ音楽授業「未来を奏でる教室」を開催した。三枝さんは全校生徒約320人を前に、楽譜の重要性や音楽の持つメッセージ性について熱く語った。

 明治安田生命の社会貢献活動「子どもの明日 応援プロジェクト」として、2009年度から各…

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文436文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日銀決定会合 08年6月議事録「最悪期は去った」
  2. 猛暑続く 熱中症注意 こうして予防、症状出たらこう対処
  3. 小比類巻かほる 「Anison Days」で「シティーハンター」OP披露 「ルパン三世」も
  4. 過労死 部活指導で認定 時間外勤務、月100時間 富山の教諭
  5. 富山の教諭 部活指導で過労死認定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]