メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昭和史のかたち

ファシズムへの道=保阪正康

左は明治時代の官報の「大日本帝国憲法」の表紙。右上は1968年に政府が日本武道館で開いた「明治百年記念式典」の様子。右下は戦前の満州事変当時の日本軍 コラージュ・大井美咲

明治初期への先祖返りか

 来年は明治維新から150年である。この欄でもその時代区分にふれたことはあるが、それとは別にこの節目に、さまざまな形の儀式や史実の見直し、あるいは史実の補完が行われるべきであろう。すでに安倍晋三政権も、明治に生きた人々の精神を今後の発展の土台に据える、と何らかの行事を考えていると報じられている。

 もっとも安倍首相は山口県の出身だから、ひときわ強い愛着を持っているのかもしれない。明治150年は長…

この記事は有料記事です。

残り1708文字(全文1917文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. こころの天気図 暑さが招く精神不調=東京大教授、精神科医 佐々木司
  2. 都市対抗野球 神戸・高砂が42年ぶり4強 鷺宮を完封
  3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  4. インサイト ミカン、希望の0.5トン
  5. 大阪北部地震 68%が出社不要 関西企業60社アンケ 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]