メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昭和史のかたち

ファシズムへの道=保阪正康

左は明治時代の官報の「大日本帝国憲法」の表紙。右上は1968年に政府が日本武道館で開いた「明治百年記念式典」の様子。右下は戦前の満州事変当時の日本軍 コラージュ・大井美咲

明治初期への先祖返りか

 来年は明治維新から150年である。この欄でもその時代区分にふれたことはあるが、それとは別にこの節目に、さまざまな形の儀式や史実の見直し、あるいは史実の補完が行われるべきであろう。すでに安倍晋三政権も、明治に生きた人々の精神を今後の発展の土台に据える、と何らかの行事を考えていると報じられている。

 もっとも安倍首相は山口県の出身だから、ひときわ強い愛着を持っているのかもしれない。明治150年は長…

この記事は有料記事です。

残り1708文字(全文1917文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口メンバー 「世の中騒がせた」涙で謝罪 無期限謹慎
  2. 千葉市教委 「日焼け止め使用許可を」全中学に通知へ
  3. ORICON NEWS 国分太一、山口達也の“アルコール治療”明かす「断絶したい気持ちもあったと思う」
  4. 大川小津波訴訟 2審の仙台高裁も石巻市と県に賠償命令
  5. 山口メンバー 無期限謹慎処分に 所属事務所が決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]