メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン核合意

トランプ氏新戦略 イラン・欧州、反発必至 ロウハニ師、維持を模索 英仏独、協調軽視を憂慮

 イランと主要6カ国(米英仏露中独)が2015年に結んだ核合意について、トランプ米政権は13日公表の対イラン包括戦略で、イランが順守しているとは認めないと判断した。イランのラリジャニ国会議長は公表前の段階で「(順守していると認めないなら)国際的な混乱をもたらす」と非難し、英仏独なども「順守認定」とする国際原子力機関(IAEA)の立場を受け入れる。多国間協調を軽視するかのようなトランプ大統領の姿勢に対し、憂慮の声が広まりつつある。【大前仁、カイロ篠田航一、ウィーン三木幸治】

 核合意はイランが核開発を大幅に制限するかわりに、関連した経済制裁を他の署名国が解除する内容。欧米が…

この記事は有料記事です。

残り1669文字(全文1957文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)
  2. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  3. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  4. イチロー引退会見「野球への愛貫いた」一問一答(その2)
  5. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです