メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

1年半 塀倒壊、下敷き死遺族が刑事告訴へ 所有者、過失致死容疑

 昨年4月の熊本地震で、倒壊したブロック塀の下敷きになり死亡した熊本市東区の坂本龍也さん(当時29歳)の遺族が、塀の所有者だった熊本県益城(ましき)町の社会医療法人理事長を過失致死容疑で熊本県警に告訴する方針を固めた。月内にも告訴する。熊本地震は14日で発生から1年半となるが、倒壊した工作物を巡って刑事責任を問うケースは初めて。【野呂賢治】

 遺族代理人の今村一彦弁護士は「ブロック塀は基礎工事がされておらず、倒壊が予見できた」と主張する。

この記事は有料記事です。

残り599文字(全文819文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 不法残留 ベトナム人7人、疑いで逮捕 苫小牧市内で /北海道
  2. WEB CARTOP イラッ! 駐車場はガラガラなのになぜか隣にクルマを駐めてくる「トナラー」の真意とは
  3. プロ野球 日本ハム 打たれない斎藤佑!韓国・NC戦2回完全に続き3回無失点(スポニチ)
  4. 中江首相秘書官「検討申し上げたかも」 勤労統計対象入れ替え
  5. 司法試験 合格者削減求めて声明 県弁護士会長 /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです