メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

16日から合同訓練 北朝鮮側は反発

 【ソウル米村耕一】米韓両海軍は13日、今月16~20日まで朝鮮半島周辺の日本海や黄海で原子力空母や原子力潜水艦を投入しての合同訓練を実施すると発表した。昨年と同様、海上での北朝鮮の挑発に備えた訓練で、北朝鮮側が反発している。

     今回は米海軍の原子力空母「ロナルド・レーガン」や韓国海軍のイージス艦など約40隻が参加し、ミサイル警戒や海上封鎖、船団護送などを訓練する。聯合ニュースによると、米原潜「ミシガン」は13日に韓国・釜山港に入港しており、そのまま参加するとみられる。

     一方、朝鮮中央通信によると、北朝鮮外務省傘下の米国研究所研究員は13日、米韓合同訓練の計画に反発し、「われわれに軍事的対応をせざるを得なくさせている」と批判する論評を発表した。論評はさらに「われわれはグアム島周辺への包囲射撃をはじめとする自衛的対応措置について、既に何度も警告している」とも威嚇した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 神戸製鋼不正 「40年以上前から」元社員ら証言
    2. 衆院選 安倍首相に熱狂 投稿内容は「自己責任」
    3. シリア IS、事実上崩壊 「首都」ラッカ制圧
    4. 社説 日本の岐路 財政立て直し こぞって後回しの無責任
    5. デジタル ルンバが草刈り機に変異!? ロボット掃除機の生みの親が作った「Tertill」は雑草駆除が大好き(GetNavi web)

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]