メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遺族、都などに損賠求め提訴

亡くなった希望さんやペットの犬たちの写真を前に「事故の真実を知り、娘に報告したい」と語る鈴木宏子さん=東京都内で2017年10月13日、近松仁太郎撮影

 東京都調布市で2015年、住宅地に小型機が墜落し8人が死傷した事故で、巻き込まれて死亡した鈴木希望(のぞみ)さん(当時34歳)の遺族が13日、飛行許可を出した東京都と、機体の管理会社など2社を相手に慰謝料など計約1億1000万円の損害賠償を求め東京地裁に提訴した。

     訴えたのは、母親の宏子さん(61)。2社は機体管理会社の「日本エアロテック」(調布市)と事故で死亡した川村泰史機長(当時36歳)が経営していた「シップ・アビエーション」(同市)。

     事故は、15年7月26日に発生。都が管理する調布飛行場を離陸した5人乗りの小型機が墜落し、鈴木さんの自宅が全焼した。自宅にいた鈴木さんと川村機長、同乗男性の3人が焼死し、他の同乗者ら計5人が負傷した。

     訴えでは、都が注意義務を怠り、違法な遊覧飛行の横行を許していたと指摘。事故機は制限重量を超えた状態で離陸し、機長も適切な操縦を怠ったとしている。宏子さんによると、飼っていた犬10匹も事故で死んだ。宏子さん自身は事故後、うつ病などを発症。弁償は一切されておらず、自宅も再建できていないという。

     提訴後に東京都内で記者会見した宏子さんは「事故の真実全てを知り、娘に伝えたい」と涙ながらに訴えた。都は「訴状を確認できていないので、コメントできない」、エアロ社は「訴状を見てから的確な対応をしたい」としている。

     警視庁は今年3月、無許可で航空運送事業を行うなどしていたとして、川村機長ら3人と法人としてのエアロ社を航空法違反容疑で書類送検している。【近松仁太郎】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 水戸・遺体 ラブホテルに49歳女性 事件や病死の可能性
    2. マルタ 「パナマ文書」報道記者殺害か 運転中に爆弾爆発
    3. 福岡県警 AKBのCD585枚、不法投棄疑い 書類送検
    4. 囲碁 文裕7冠復帰 名人戦、タイトル奪取
    5. 本因坊400年への道 囲碁 藤井フィーバーに思う=金沢盛栄

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]