メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阿波春秋

梅原末治 考古学研究、一生貫く 調査地、国内外で200超え /徳島

 梅原末治(うめはらすえじ)(1893~1983)大正・昭和期の東洋考古学者、大阪府出身。

 1913(大正2)年同志社普通学校(中学)卒。京大文学部陳列館員・助手、朝鮮総督府古墳調査嘱託・委員を経て欧米留学。その後、29(昭和4)年東方文化学院(後の京大人文科学研究所)研究員・京大文学部講師・助教授。39~56年教授を務めた。

 少年時代から日本を代表する考古学者の指導を受け、古墳時代確立の有力資料として、古墳出土の鏡の研究か…

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文594文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自衛隊エピソードは空自幹部の息子 安倍首相明かす
  2. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁
  3. 久間元防衛相 詐欺容疑で会長逮捕のテキシアのパーティーであいさつ
  4. 白血病などの遺伝子治療製品、国内初承認へ
  5. 防衛省 空自F2後継機は新規開発 既存改良はコスト高く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです