メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

1年半 市営住宅活用し、仮住まい解消へ 大西一史市長に聞く /熊本

熊本地震1年半を振り返る大西市長

 熊本地震から1年半になるのを機に、大西一史・熊本市長は毎日新聞のインタビューに応じた。大西市長は、仮設住宅の後に被災者が入居する災害公営住宅(復興住宅)について「基本的に市営住宅など既存施設を活用する」と述べた。【聞き手・城島勇人】

 --熊本地震から1年半を振り返って。

 〓震災がれきの処理や建物の公費解体は予定通り進んでいるが、現在も1万世帯以上が仮住まいを続けている。仮住まいの状況が続くのは好ましくない。被災者のニーズに寄り添いながら、一日も早く恒久的な住まいへ移行させたい。

この記事は有料記事です。

残り851文字(全文1093文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  2. はやぶさ2試料採取の意義とは 新たな太陽系のなぞを探る「0.1グラム」
  3. ボクシング 福岡連盟、山根氏一声で除名解除 「女性に暴力」処分監督
  4. はやぶさ2 「着陸成功に自信」 難敵リュウグウ「攻略法」はどう編み出したのか
  5. はやぶさ2 まもなく着陸「探査機すべて問題なし」JAXA最終判断

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです