メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界経済・見て歩き

米・アイダホ 中小企業を支援 世界挑戦の出発点 東京・八王子の鋳物会社、奮闘

アイダホ州を足がかりに米国市場開拓を目指す鋳物会社「栄鋳造所」の鈴木孝史社長(左)と仲間の中小企業経営者=アイダホフォールズで

 東京・八王子の鋳物会社が米国に進出しようと奮闘している。日本国内の人手不足と東京五輪後に見込まれる需要減を乗り越えようと、「栄鋳造所」の鈴木隆史社長(43)が拠点に選んだのは、ジャガイモの生産で知られる西部アイダホ州。製造業とは一見関係が薄そうだが、産業の多様化を目指す地元政府あげての支援で中小企業の挑戦を後押ししている。

 「結果を出したい。最終的な目標はここに工場を建て、人材を採用することです」。鈴木さんは8月下旬、州…

この記事は有料記事です。

残り1549文字(全文1762文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  2. 2歳児保護 ぬかるみの道 薄暗い沢 尾畠さんが案内
  3. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強
  4. ジャカルタ・アジア大会 お粗末、抽選入れ忘れ サッカー開始前倒し
  5. 夏の高校野球 済美14年ぶり8強 高知商の強打封じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです