メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

さあこれからだ

/145 「負けない」被災者たち=鎌田實

土砂被害を受けた福岡県朝倉市杷木寒水地区の民家=鎌田實さん提供

 「砂をかいても、かいても、何も出てきません」

 伊藤志緒里さん(22)は、深いため息をついた。3カ月前までは当たり前に暮らしていた家の中に、土砂が2メートル近く堆積(たいせき)している。せめて自分のCDや思い出の品を掘り出そうとしたが、分厚い砂に阻まれてどうにもならない。

 九州北部豪雨から3カ月がたった。死者37人、行方不明者4人を出した豪雨被害の爪痕は、今も生々しく残っている。なかでも、志緒里さんの家がある福岡県朝倉市杷木(はき)寒水(そうず)地区は、筑後川の沿岸にあり、被害が大きかった。

 ぼくも家の中に入らせてもらったが、山側の窓から土砂が押し寄せたようで、土砂と天井の間には、中腰にな…

この記事は有料記事です。

残り1359文字(全文1657文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  2. 2歳児保護 ぬかるみの道 薄暗い沢 尾畠さんが案内
  3. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強
  4. ジャカルタ・アジア大会 お粗末、抽選入れ忘れ サッカー開始前倒し
  5. 夏の高校野球 済美14年ぶり8強 高知商の強打封じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです