メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

中村桂子・評 『CRISPR(クリスパー) 究極の遺伝子編集技術の発見』=ジェニファー・ダウドナ著

 (文藝春秋・1728円)

魅力にも恐怖にもなるゲノム編集

 二〇一二年に「CRISPR-Cas(キャス)9(ナイン)」技術を発表した研究者の著書である。これは「ゲノム編集」と言われ、従来の組換えDNA技術と異なり、ゲノム内の特定遺伝子を簡単に書き換えられる。第一部「開発」でこの技術が生れるまでの研究過程、第二部「応用」で医療・農業など多分野への活用例と今後の可能性、更には起こり得る危険性が幅広く語られる。

 第一部は専門外の方にはちょっと面倒かもしれないが、読みとるべきことに絞って紹介しよう。細菌DNAに…

この記事は有料記事です。

残り1206文字(全文1459文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 静岡・看護師遺体 逮捕監禁容疑の男、新潟市で遺体で発見
  2. 鹿児島 腹から血流して男性死亡 サウナで殺人事件 
  3. NHKドラマ ヒロイン・広瀬すずさん 北海道ロケを公開
  4. 桜桃忌 没後70年・太宰治しのぶファン 三鷹・禅林寺に
  5. 加計学園 午前11時から記者会見 理事長自ら説明か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]