メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

1年半 2年で仮設解消「困難」 19被災地首長

 熊本地震で住宅50棟以上が全半壊した熊本県内21市町村のうち被害が大きかった阿蘇市や益城(ましき)町など5市町の首長が、仮設住宅や民間賃貸住宅を借り上げた「みなし仮設住宅」での避難生活の解消まで「あと2年以上かかる」と考えていることが毎日新聞のアンケートで分かった。熊本地震の仮設入居期間は今月6日の閣議決定で1年延長されたため、1年半後の2019年4月以降に順次期限を迎えるが、今後さらに延長を求める自治体も出そうだ。

 熊本地震は14日で発生から1年半を迎えた。県によると、住宅被害は、全壊8649棟▽半壊3万4235…

この記事は有料記事です。

残り612文字(全文873文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大
  2. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  3. 就職活動でOB訪問の女子学生にわいせつ容疑 大林組社員逮捕
  4. 市立船橋高 合格者に不合格、不合格者に合格通知郵送 校内掲示は正確
  5. 8歳女児を両手縛って水風呂に 母親と内縁の夫を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです