メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外埼玉・朝霞 少女監禁事件控訴審 寺内樺風被告に懲役12年
熊本地震

仮設退去「原則2年では困難」首長アンケート

被災者が生活する仮設住宅=熊本県益城町で2017年4月12日、津村豊和撮影

 熊本地震で住宅50棟以上が全半壊した熊本県内21市町村のうち被害が大きかった阿蘇市や益城(ましき)町など5市町の首長が、仮設住宅や民間賃貸住宅を借り上げた「みなし仮設住宅」での避難生活の解消まで「あと2年以上かかる」と考えていることが毎日新聞のアンケートで分かった。熊本地震の仮設入居期間は今月6日の閣議決定で1年延長されたため、1年半後の2019年4月以降に順次期限を迎えるが、今後さらに延長を求める自治体も出そうだ。

 熊本地震は14日で発生から1年半を迎えた。県によると、住宅被害は、全壊8649棟▽半壊3万4235…

この記事は有料記事です。

残り683文字(全文944文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
  2. 空自のF2戦闘機が墜落 搭乗の2人は救助 山口県沖
  3. 空自のF2戦闘機がレーダーから消える 山口県沖、搭乗の2人は見つかる
  4. ぐるっと首都圏・母校をたずねる 習志野市立習志野高校/3 高い目標へ、超一流の指導 谷沢健一さん /東京
  5. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです