メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

孫と盆正月ゆっくりしたい 復興住宅心待ち

玄関先で話をするのが「毎日の楽しみ」という坂本さん(右)と同じ仮設住宅の住人=熊本県西原村で、野呂賢治撮影

 14日で発生から1年半を迎えた熊本地震の被災地では、今も多くの被災者が仮設住宅やみなし仮設住宅で避難生活を送っている。12日には政府の閣議決定を受けて熊本地震の仮設入居期限を1年延長する政令が施行されたが、熊本県内では仮設退去後の住まいとなる災害公営住宅(復興住宅)が依然として着工に至っていない。安堵(あんど)と不安が交錯する仮設で暮らす被災者たちは一日も早い暮らし再建を待ち望んでいる。

 熊本県西原村小森の仮設住宅に住む坂本チズルさん(76)は10年ほど前に夫を亡くしてからは村内で1人…

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文745文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  2. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  3. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです