メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

揺れる・イラン核合意

ペルシャ湾を「アラビア湾」 トランプ氏が演説 ロウハニ師「勉強を」

ペルシャ湾の位置

 【カイロ篠田航一】トランプ米大統領が2015年のイラン核合意の再検討を表明した13日の演説中、「ペルシャ湾」の表現を使わず「アラビア湾」と呼んだことに、イラン側が反発を強めている。ロウハニ大統領は「地理を勉強した方がいい」とトランプ氏に反論。AP通信はトランプ氏が「舌戦に火を付けた」と伝えた。

 トランプ氏は演説で、イランが「アラビア湾や紅海」で米国の船舶に嫌がらせを続け、航行の自由を脅かしていると非難。イランを敵視するトランプ氏が故意にそう呼んだ可能性が高いが、ロウハニ大統領は「トランプ氏…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文622文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  2. 毎日世論調査 加計問題、首相説明「信用できない」70%
  3. 食中毒 修学旅行生ら入院 長崎市の料理店からノロ検出
  4. 競馬 日本ダービー、5番人気・ワグネリアンが優勝
  5. 水路転落訴訟 金沢で市など相手に相次ぐ 「景観」か「安全重視」か /石川

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]