メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

VXの女たち・正男暗殺

法廷編 弁護方針、微妙な差

5日の第4回公判の休憩中、記者団の質問に厳しい表情で答えるフオンの主任弁護士ヒシャム(中央)

 「被告の女からVXの跡が検出された」。5日の第4回公判で飛び出した化学者の証言は、ドアン・ティ・フオンとシティ・アイシャの弁護団にとって衝撃の一打だった。北朝鮮の金正男(キムジョンナム)の顔に塗ったのは、猛毒の神経剤VXではないと主張する道は封じられた。

 弁護団の一人は閉廷後、「被告から何が検出されたか証拠を出すよう事前に検察に求めたが、断られていた」と恨み節を口にした。

 シャツからVXそのものが見つかり、手の爪からもVXの分解物が見つかったフオンは特に深刻だ。フオンの…

この記事は有料記事です。

残り397文字(全文635文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問
  5. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです