メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

ひ孫がみた戦争/番外編 「過去問」踏まえ、向き合う今 西村明・東大准教授に聞く

西村明・東京大准教授

 <kyoiku no mado>

 先月18日と25日の2回にわたって連載した「ひ孫がみた戦争」。東京在住の堤啓太さん(19)が、軍人として731部隊に多くの中国人を送った曽祖父、戦後に旧満州(現中国東北部)から引き揚げ、戦争に関するテレビ番組を作り続けた祖父の人生を追い、戦争について考えた中学時代の自由研究を紹介した。戦後72年が経過し、戦争体験者から直接話を聞くのがますます難しくなる中、戦争を知らない世代は、戦争の記憶を次世代にどう継承していけばよいのか。戦争と社会の関係などを研究している西村明・東京大准教授に聞いた。【聞き手・金秀蓮】

 --堤さんの自由研究について、どんな感想を持たれましたか。

この記事は有料記事です。

残り2267文字(全文2570文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 体罰 教諭2人懲戒処分 炎天下ランニングで生徒一時重体
  2. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定
  3. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
  4. サタデープラス ブームは日本だけ? 「ノストラダムスの大予言」で人生が狂った男
  5. カジノ法 成立 通常国会が事実上閉会

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]