メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

関連死 難病16歳の詩、本に 「みんないきていたかったはず」

 昨年4月の熊本地震を機に体調が悪化し、5カ月後に16歳で亡くなり震災関連死と認定された熊本市東区の松崎胡桃(くるみ)さんの詩20編を収めた詩集「まま そだて ありがと」が出版された。心臓病が原因で寝たきりだった胡桃さんが、家族への愛や学ぶ喜びなどを記している。母久美子さん(48)は「胡桃が生きた証しを知ってほしい」と話している。【野呂賢治】

 胡桃さんは1999年11月、生まれた翌日に心音の異常で熊本市民病院に緊急入院し、先天性の心臓病と診…

この記事は有料記事です。

残り913文字(全文1135文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  2. 二階氏妻葬儀に大島、菅、岸田氏ら参列 王氏や杉良太郎さんも
  3. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
  4. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  5. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです