メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐阜・関ケ原

人間将棋、結果は「歴史通り」

関ケ原古戦場で開かれた人間将棋=岐阜県関ケ原町で2017年10月15日、中村宰和撮影

 天下分け目の戦いがあった岐阜県関ケ原町で15日、よろいかぶと姿の人間を駒に見立てて対戦する人間将棋が行われた。石田三成が陣を張った笹尾山近くに縦横各15~16メートルの巨大将棋盤を設けた。

 東軍の徳川家康を佐藤天彦名人が、西軍の三成を山崎隆之八段が演じ、将棋で戦いを再現。「裏切りがあるかもしれぬ」…

この記事は有料記事です。

残り133文字(全文283文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 久間元防衛相 詐欺容疑で会長逮捕のテキシアのパーティーであいさつ
  2. 自衛隊エピソードは空自幹部の息子 安倍首相明かす
  3. 白血病などの遺伝子治療製品、国内初承認へ
  4. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  5. 防衛省 空自F2後継機は新規開発 既存改良はコスト高く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです