メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中2転落死

「担任に叱責され自殺」町教委が報告 福井

 福井県池田町の町立池田中学校で今年3月、校舎3階の窓から2年の男子生徒(当時14歳)が転落して死亡する事故があり、町教委は15日、「担任と副担任から強い叱責を受けて追い詰められた末の自殺」と結論づける報告書を公表した。

     町教委の委託を受け、事故等調査委員会が調査して報告書をまとめた。報告書などによると、男子生徒は昨年10月以降、宿題提出の遅れなどを理由に、担任の30代男性教諭と副担任の30代女性教諭から繰り返し叱責を受け、大声で怒鳴られることもあった。

     生徒は3月14日朝、3階窓から飛び降りて死亡。現場に遺書と見られるノートが残されていた。調査委は「厳しい指導叱責が不適切であることには気づくことができた」と指摘。教諭2人は生徒への対応について管理職に詳しい報告をしていなかった。

     堀口修一校長は「指導監督が十分にできず、彼を苦しめ、傷つけ追い詰めてしまった。深くおわびする」と謝罪した。【立野将弘】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 詐欺 女子高生を逮捕 100万円だまし取った容疑
    2. 森友 「破棄した」答弁の佐川長官 国税内部も批判
    3. 厚労省 飛び降りなど…インフルエンザの異常行動に注意 
    4. 社説 森友値引きは「根拠不十分」 やはり証人喚問が必要だ
    5. 首相 「籠池被告は詐欺を働く人物」 法曹関係者が批判

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]