メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発言

無償化は放送大学から=寺脇研・京都造形芸術大教授

 政権与党の自民党が、保育、教育の無償化を今回の衆議院選挙の公約に掲げている。一方で安倍晋三首相は、以前から憲法改正の項目のひとつとして高等教育の無償化を挙げていた。両者が相まって、これまでほとんど議論されてこなかった高等教育無償化問題がにわかに注目を浴びることとなってきた。

 戦後ずっと、日本国憲法により義務教育に位置づけられた小中学校の授業料無償は自明のものと思われてきたが、私のような文部行政を担当してきた者でさえ、それ以外の学校教育が無償になるとは考えてもみなかった。それほどに、2010年度から導入された民主党(当時)政権による高校授業料無償化はインパクトが大きかったのである。そこから堰(せき)を切ったように、教育の無償化論議は始まった。検討対象は幼児教育や高等教育にまで広がっていく。

 ただ、高等教育の場合は数兆円規模の財源を必要とするため、おいそれとはいかないようだ。現在のところ新…

この記事は有料記事です。

残り892文字(全文1291文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  2. 西日本豪雨 誘導警官2人犠牲に 遺族「誇りに思う」
  3. 西日本豪雨 「見捨てたりしない」命救う無名のボート
  4. 社説 カジノ法案が成立へ 賭博に頼る発想の貧しさ
  5. 東京五輪 「期間中に夏休み」政府、首都圏企業に要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]