メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発言

無償化は放送大学から=寺脇研・京都造形芸術大教授

 政権与党の自民党が、保育、教育の無償化を今回の衆議院選挙の公約に掲げている。一方で安倍晋三首相は、以前から憲法改正の項目のひとつとして高等教育の無償化を挙げていた。両者が相まって、これまでほとんど議論されてこなかった高等教育無償化問題がにわかに注目を浴びることとなってきた。

 戦後ずっと、日本国憲法により義務教育に位置づけられた小中学校の授業料無償は自明のものと思われてきたが、私のような文部行政を担当してきた者でさえ、それ以外の学校教育が無償になるとは考えてもみなかった。それほどに、2010年度から導入された民主党(当時)政権による高校授業料無償化はインパクトが大きかったのである。そこから堰(せき)を切ったように、教育の無償化論議は始まった。検討対象は幼児教育や高等教育にまで広がっていく。

 ただ、高等教育の場合は数兆円規模の財源を必要とするため、おいそれとはいかないようだ。現在のところ新…

この記事は有料記事です。

残り892文字(全文1291文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望と民進 新党名に「国民党」案 協議会で検討
  2. 辺野古海上警備 業者7億円過大請求 防衛省把握後も契約
  3. 選挙 都民フ候補、全員が落選 練馬区議補選
  4. 仙台市 羽生選手パレードごみ12袋 ファンマナーに感謝
  5. ことば 健康保険組合

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]